TRANER大川鍼灸整骨院|blog

スイングに「溜め」をつくるには!?

今回は「溜め」のついて、書き込みしていきたいと思います(^^)

まず「溜め」とは何か??

簡単に言うと、スポーツにおいてかなり重要視されるもので、ギュッと力むというのとは少しニュアンスが違って、

力を最大限引き出すために必要な一瞬の間(ま)です。

この間が溜めになり力を出し切れるか、そして伝えきれるかが決まると言っても過言ではございません。

トップアスリートなどをみていると、必ずどこかでその溜めの間があります。

では、その溜めの間をつくれるようにするにはどうしたらいいか??

その方法としては、理論だけ聞いてできる天才もいますが、おそらく多くの人は理論を学んだ上で、さらに練習で自分を追い込み、自分のフォームを模索してる中でをつかんだのではないでしょうか。

ただ、

万人が思い通りにいくかと言うと、そうではありません。思い通りにいかない人も多いと思います。

しかし、その感覚をつかむための準備は万人にできると思います。

その準備というのは理論やフォームを勉強したり、筋トレを頑張るのではなく、関節の柔軟性をまず向上させることです!

そしてこのというのは、動き始めた瞬間「筋肉」が伸び関節が開くことでつくられています。

わかりやすく言うと、祭りで見かける水風船のようなもので遠くに弾けば弾くほど、ゴムが伸びて返ってくるパワーが強いですよね。

若い人だったら ONE PIECE の「ゴムゴムの~・・・」が分かりやすいと思います(^-^) 理想ですね(笑)

その理想的なをつくりだすために、重要な関節として挙げられるのが、

「肩甲骨」と「股関節」です!

この関節の柔軟性を高めれば抜群に「溜め」がつくりやすくなります!トップアスリートは日々この関節の使い方を研究されています。

もちろん私たちトレーナーに頼んで柔らかくした上で。自分ではどうしても限界があるので(^_^;

トップアスリートはこの準備に手を抜きません。だからどんどん高みへといけるわけです!

ぜひ皆さんも準備に手を抜かず、高みを目指して下さい!

少し長くなりましたが、これが何かの参考になればと思います(^-^)

それでは失礼します☆

ブログ用 弓道