TRANER大川鍼灸整骨院|blog

次世代のKTテープ。

皆さん、KTテープは使用されたことはありますか?

最近日本で本格的に広まってきた、キネシオの次世代的なテープで、海外では7割くらいのシェアがあるそうです。

日本では加瀬建造先生のキネシオテープが主流です。これも素晴らしいもので、いろんな症状に使っています。

ただ、スポーツや動きの多い仕事ではKTテープの方が適しているように思います。100%合成繊維を使用しているため、従来のキネシオ(木綿)より速乾性、耐久性、柔軟性、抗菌力に優れたテープになっております。そのため、激しい動きに長時間耐えることができ、尚且つ汗で取れやすいということがありません。さらに、伸長性も高く持続力があり、サポート力もかなり向上しております。

貼り方にも違いがあり、キネシオは「伸ばさずに貼る」を基本としますが、KTテープは「伸ばして貼る」を基本とします。

私の感覚・使い方としては、従来のキネシオは「治療のテープ」、そしてKTテープは「関節や筋のサポートに特化したテープ」と言った感じです。決してどちらかがダメというわけではないです。今まではキネシオテープだけでも効果は出ていましたしね。

一つKTテープのデメリットを挙げるとすれば、キネシオテープより高価ということです。ということは、個人ではランニングコストがかかり継続的に貼ることが困難になってきます。予防は日々のケアやサポートしてあげることが肝心なので、その観点からは外れてしまいます。

ですので、キネシオテープとKTテープの使い分けが良い方法かなと思います。「大事な試合や負担の大きい運動にはKTテープ」といったように。

当院では、両方のテープを扱っております。患者様の目的や要望に対して最適な方を選び、施術させていただきますのでご来院の際にご相談ください☆

※使用KTテープ:US版KTテーププロ (アスリート専用プロ仕様)

photo (16)

photo (15)