柔軟性アップを求めるなら、マッサージだけではダメ!!

こんにちは(^^)風邪はひいてませんか?まだまだ冷え込みがキツく、体調管理が難しいですね。

さて今回は、「柔軟性アップするなら、マッサージだけではダメ!」ということで、なぜそうなのか簡単ではございますが説明させていただきます。

まず柔軟性がなくなる理由として、「加齢」「疲労」「病的」そして身体を「動かさない」の4項目が挙がってきます。

前者の3項目は自分の意思とは関係なく起こってしまうものです。しかし、身体を「動かさない」というのは特別な理由がない限り自分の意思次第で変わってきます。

適度に身体を動かすと・・・

◆前者の3項目の進行スピードを遅らせることができる。

◆筋肉の形が変わり、リンパの流れや血流がアップする。

◆基礎体温の上昇。

◆滞っている疲労物質や発痛物質などが除去される。

◆身体のあらゆる代謝機能がアップする。   etc…

身体を動かすことはとても必要なことなのです(^o^)

なぜなら、私たちは植物ではなく動物であり、動いて初めて使われる機能がたくさんあるからです!

上記から身体を動かすことがとても重要な項目だということがお分かりになられたかと思います。

では、マッサージだけだとどうなるか?

マッサージは身体を静止して受けるため、筋肉は部分的にしか緩まず血流というのはそれほど生まれません。柔軟性においても、ストレッチや運動のように筋肉の長さを変化(曲げ伸ばし)させていないので、何年やっても開脚や前屈などはできるようになりません。もしできるなら、関取が股割りをする必要はありませんものね。

柔軟性アップを求めているのであれば「動かす」「伸ばす」そして的確にポイントを「ほぐす」ということが最も効率の良い方法かと思われます!

皆さん普段動かさない範囲を意識してしっかり身体を動かしていきましょう☆

もし自分だけでは・・・という方は「動かす」「伸ばす」「ほぐす」を組み合わせた当院のトレーナー治療をお勧めします。詳しくはHPにて説明しておりますので是非ご覧下さい(^^)

(※当院のゼロ負荷運動機器。↓股関節の運動です。)

TRAINER オオカワ 008